FAILSWORTHフェイルスワースとは

FAILSWORTH(フェイルスワース)とは

イギリスに居を構える「FAILSWORTHフェイルスワース」は、1903年の創業以来、熟練の技術と革新的なデザインで英国ハットのトップ・ブランドとして国内外に名を馳せています。ブリティッシュ・トラッドの粋を集めたFAILSWORTHフェイルスワースの帽子は、常に独自のスタイルと高いファッション性をもって、世界中で大きな評価を獲得しています。

FAILSWORTHフェイルスワースの歴史

1903年 ― FAILSWORTHフェイルスワースの創業

MAYPOLE HAT WORKS

1875年設立のMAYPOLE HAT WORKS

1903年12月2日、FAILSWORTHフェイルスワースは「The New Failsworth Hat Manufacturing Company」の名で設立されました。

公的記録としての設立は1903年12月2日ですが、もともとは1875年に「Maypole Hat Works」の名で事業を開始した事がFAILSWORTHフェイルスワースの歴史の始まりでした。


帽子作りの技術

職人による帽子作りの技術

1881年になると、FAILSWORTHフェイルスワースがその後発展することになる都市マンチェスターのクレアモント・ストリートへと拠点を移動しました。

1940年になると、会社名は最終的に現在のFAILSWORTHフェイルスワース(Failsworth Hats Limited)に移行しました。

1939年 ― 第二次世界大戦

当時のカタログ

第二次世界大戦時のカタログには軍用品が掲載されている

1930年代の早い時期から、FAILSWORTHフェイルスワースは国内外での様々な市場分野を強化するため、事業拡張と開発に尽力しました。結果、FAILSWORTHフェイルスワースの帽子は各国で展開され、順調にその名を広げてゆきます。

しかし第二次世界大戦が勃発すると、軍事政策により一般的な帽子の生産は制限を受け、FAILSWORTHフェイルスワースは軍需用の飛行帽、ヘルメットの他、航空機部品の制作も手掛けるようになります。

飛行帽 & ナース用帽

当時生産されていた飛行帽 & ナース用帽子

1949年 ― 米国ステッドソン社との取引

ステッドソン&FAILSWORTH(フェイルスワース)による1940年代の記念すべきコレクション

ステッドソン&FAILSWORTHフェイルスワースによる1940年代の記念すべきコレクション

終戦を迎えた後、他の産業もそうであったように、FAILSWORTHフェイルスワースはもう一度市場での立場を確立する必要がありました。

終戦のあおりで相当の損失を出した中でしたが、FAILSWORTHフェイルスワースは挑戦的に設備や新技術の導入に投資を行い、結果、世界最高級の帽子ブランドとして、そして欧州で一番大きな工場として成長を遂げます。

1940年の終わりになると、米国のステッドソン社と生産のライセンス契約を結び、有名なステッドソン・ブランドを背負った帽子の生産を始めました。

当時最先端の労働環境

FAILSWORTHフェイルスワースが実装した当時最先端の労働環境

1958年 ― 50年代の繁栄期

バスビー・ベイブス

バスビー・ベイブス(サッカーチーム)等のスター達にも愛用されたFAILSWORTHフェイルスワースの帽子

50年代は、FAILSWORTHフェイルスワースが新しいスタイルを発展させ続けた時期でした。

ロンドンのショールームを最大限に活用し、英国貿易展示会に定期的に参加することによって、国内外で順調に販売を伸ばしてゆきます。

FAILSWORTHフェイルスワースの名は、著名なハロッズ、オースティンリード、セルフリッジなどの英国ブランドと共に、確固たる地位を確立する事となります。

スポーティーなフェルトハットだけでなく、織りの帽子も生産され、FAILSWORTHフェイルスワースが生み出す様々なスタイルの帽子は、バスビー・ベイブス(※イギリスのサッカーチーム)のような多くの象徴的スター達に愛用されました。

当時の展示風景

当時の展示風景

1982年 ― 素材の進化

純英国産の上質な素材

FAILSWORTHフェイルスワースでは、純英国産の上質な素材を用いた新たな帽子制作が行われるようになる

1980年代は、生地や素材が目覚ましい発展を遂げ、洋服業界に新たな影響を及ぼした時代でした。

耐水性に富み軽量なスポーツ生地であるマイクロファイバー(超極細繊維)に続き、船の帆に端を発し高度な防風性と防水性を持つワックスコットンもこの時代を代表する生地です。

フリース生地も、活動的なハイキングやスポーツにおいて、多くのコレクションに登場するようになりました。

現在と違い、1875年から1940年にかけ、FAILSWORTHフェイルスワースを代表する帽子はフェルトハットでしたが、FAILSWORTHフェイルスワースはこの時期、英国最高級のツイードと伝統的な帽子を融合させた、新しいスタイルの帽子を手掛けるようになります。
カシミヤ、羊毛、ハリス・ツイード等を用いたFAILSWORTHフェイルスワースの高級帽子は、最先端のメンズファッションに完璧に調和し、トレンドを生み出します。

1998年 ― 大きな波

1998年、FAILSWORTHフェイルスワースは更なる発展の為、クレアモント・ストリートから目と鼻の先にある現在のクラウン・ストリートに移転します。戦争、発展と、紆余曲折を経たファッション業界でしたが、様々な局面を乗り越え歴史を重ねたFAILSWORTHフェイルスワースは、これから迎える未来に自信を持っています。

LEAVING THE OLD CLAREMONT STREET FACTORY BEHIND

クレアモント・ストリートの古い工場から移転したFAILSWORTHフェイルスワース

2014年 ― 進化する伝統

進化を続ける現代のFAILSWORTH(フェイルスワース)

進化を続ける現代のFAILSWORTHフェイルスワース

2000年初期、FAILSWORTHフェイルスワースは創業から記念すべき100周年を迎えます。

バーバー、アブラハムムーン、ハリス・ツイード等、様々な英国ブランドと同様、FAILSWORTHフェイルスワースにとって伝統はとても重要であり、100周年は実に記念すべき出来事でした。積み上げた100年の歴史が盤石な礎となり、未来へと発展する力をいっそう生み出すからです。

FAILSWORTH(フェイルスワース)のスタジオ

FAILSWORTHフェイルスワースのスタジオ

2014 / 2015 コレクション

2014 / 2015 コレクション

FAILSWORTHフェイルスワースは歴史と伝統に培われた類稀な実力を武器に、流行やライフスタイル、現代の市場環境において、より大きな競争力をつけていきました。

これからもFAILSWORTHフェイルスワースはブリティッシュ・トラッドを重んじつつ、最も新しい思考と新しいテクノロジーを取り入れて帽子を進歩させていきます。

FAILSWORTHフェイルスワースの進化

確かな伝統、未来への視線。

確かな伝統、未来への視線

FAILSWORTHフェイルスワースは語ります。
「私たちは、類まれなる質、卓越した職人技術という、伝統的価値と誇りを見失うことはないでしょう」

伝統を重んじながらも、FAILSWORTHフェイルスワースの視線は常に未来を見据え、デザインの革新と最新技術の進歩に目を向けています。

1903年、マンチェスターにこぢんまりと設立されたFAILSWORTHフェイルスワースは、毎週ほんの25ダースの帽子を生産する小さな帽子店に過ぎませんでした。その後、順調に成長を続け、1940年までには毎週5000ダースの帽子を生産するまでになりました。戦時中は、イギリス空軍のための手作り飛行帽や、水中処理兵のための特別な道具を作っていることもありました。

1950年代、市場におけるフェルトハットの需要が減り始めたとき、FAILSWORTHフェイルスワースはいち早く不吉な前兆を感じとり、市場が崩壊する前に実行可能な代替案を用意することで、この苦境を乗り切りました。
世間一般の人々から前衛的な人々にまで気に入られるような、新しい素材やデザイン、技術を大胆に導入し、時流を見据えた見事な復活劇を遂げたのです。

老舗の栄華に慢心せず、古きを知り尽くした上で新しき進化に臆せず挑む――この姿勢こそが、FAILSWORTHフェイルスワースの創造への飽くなき挑戦の表れであり、人々の心を掴んでやまない帽子を生み出し続ける秘訣です。たゆまぬ挑戦と革新が、ただ歴史にあぐらをかくだけのブランドと一線を画し、FAILSWORTHフェイルスワースを世界の人々に愛され続けるハイ・ブランドとしての確固たる地位へと押し上げているのです。

FAILSWORTHフェイルスワースはこれからも、常に未来に目を向け、次世代の新しい生地や素材、色を提案し、前進と革新を続けてゆくことでしょう。

統計で見るFAILSWORTHフェイルスワース

統計で見るFAILSWORTH(フェイルスワース)

今日のFAILSWORTHフェイルスワースが持つ実力(その規模や活動範囲)を把握するには、数字を知る事が一つの簡単な手段でしょう。
数字の羅列はともすれば味気ないものですが、しかしFAILSWORTHフェイルスワースは、数字が表すものを最も誇りと思っています。何故ならそれは、FAILSWORTHフェイルスワースが全世界の顧客へと商品を届けるために、着々と積み重ねた信頼と忠誠をハッキリと立証しているからです。

  • 115 ― 歴史に裏打ちされた長年の経験を示す、創業からの年数
  • 2,000,000 ― 1年の販売単位
  • 100,000 ― 1年に使用される英国生地のメートル

印象的なこれらの数字は、FAILSWORTHフェイルスワースの鋭い商用戦略と、確かな進歩を単純明快に証明しています。FAILSWORTHフェイルスワースは、世界に名を馳せる各種有名英国ブランドに一歩も引けをとらず、常に独自のスタイルと高いファッション性をもって、世界中で大きな評価を獲得しています。

FAILSWORTHフェイルスワースの企業倫理

FAILSWORTHフェイルスワースは、労働条件や環境に深く配慮しています。

FAILSWORTHフェイルスワースは、ETI(Ethical Trading Initiativeエシカルトレーディングイニシアチブ/英国の倫理的業者推進NGO)のETIベースコードによる監査を基準とし、自社だけでなく取引企業も倫理的な責任を果たしているか、厳密に検証しています。ETIに参加する企業は所定のラベル表示が可能(認証制度)で、こうしたラベル表示運動は企業が社会や環境に対して、より望ましい行動をとることへの誘因となっています。

FAILSWORTH(フェイルスワース)の企業倫理

FAILSWORTHフェイルスワースは、労働条件によって従業員の生活を変えてしまう可能性を認識しており、彼らの暮らしに責任を負っています。
責任を負う企業として、全ての商品は倫理的に生産されるべきと考えており、自社はもちろんのこと、顧客・環境・サプライヤー・社員を大切にする価値感を共有できる企業とのみ取引を行うよう、徹底した信念で活動しています。

FAILSWORTH(フェイルスワース)の企業倫理

全ての生産者はETIベースコードに応じて監査され、SEDEX社のサイトで公開されています。

FAILSWORTHフェイルスワースは継続的に手順の見直しと企業倫理の強化をしています。FAILSWORTHフェイルスワースのポリシーは、継続的進歩のうちの1つです。これを達成するために、ともに働く卸業者へ率先したアプローチをしています。

FAILSWORTH(フェイルスワース)の企業倫理

また、FAILSWORTHフェイルスワースは、市における環境に対して影響力を持っており、責任を負っていることを認識しています。有意義な変化と環境への影響を軽減するために、あらゆることを取り入れていきます。

日本唯一のFAILSWORTHフェイルスワース専門店

FAILSWORTH(フェイルスワース)

創立1903年以来、伝統と革新をもって常に業界の先端を走り続けるトップ・ブランドFAILSWORTHフェイルスワース。当店は、日本初かつ日本唯一(*2016年4月1日現在)FAILSWORTHフェイルスワース専門店です。

かつて西洋には「帽子を被らない男は、紳士のフリをする事すら諦めた男だ」との言があり、日本でも明治末から昭和初期にかけ「紳士たるもの外出時には帽子の着用が必須」という常識が根を下ろしていました。

紳士の国イギリスの伝統を受け継いだFAILSWORTHフェイルスワースの帽子は、被る人のジェントルマン・シップを内側から輝かせるに違いありません。
歴史に培われた技術を惜しみなく詰め込んだFAILSWORTHフェイルスワースの英国ハットを、ぜひご自身の目でお確かめください。